横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

外壁リフォームは家族で相談

12月13日 曇り  塗料の製造工程

塗料を一般の市場に出すには様々な製造工程を得て出荷されます。その工程を簡単に説明します。

①塗料原料の搬入②前練り工程③顔料分散工程 この工程は塗料の製造において最も重要な工程です。顔料がワニス中に均一に混合し、塗料の種類により顔料分散の要求度が異なり、塗料の種類、製造量によって顔料分散装置が選択されます。④安定化工程 顔料分散が終わるとこれにさらにワニス、添加剤が加えられ、分散によって得られたペーストに急激に多量のワニスを加えると顔料が再擬集したり、樹脂が折出したりすることがあり、これらを避けるためペーストのワニス組成に近いワニスを少量加えて混合しかき混ぜ安定化させる工程です。まだまだ工程が続きます。

 

12月12日 雨のち曇り 塗料用希釈剤について

先日は塗料に使用される「溶剤」についてお話ししましたが、ついでにもう一つ塗料用希釈剤についてお話し致します。塗料用希釈剤そのものに溶解性がないのですが、他の溶剤と併用すれば薄目液として使用できるものを言います。たとえばラッカーシンナー中のトロールやキシロールのような芳香族系溶剤を言います。アルコール類の様にそれ自体はラッカーを溶かしませんが、酢酸エチルのような溶剤と併用すると本来の溶剤以上に溶解力を助長する物もあります。

 

12月11日 曇り 塗料用溶剤の役割

今日も寒く気温も10度を一日下回る様です。さて、塗料を外壁等に使用する場合はそのまま原液で塗る場合もありますが、ほとんどは溶剤(ここでは希釈剤を含みます)を使用します。これは塗料を適度に溶解して外壁などに塗る場合粘度を調整をしたり薄めるものです。この溶剤の性質は塗料を良く溶かし、溶けたものが安定し、無色、淡色であり、危険物的には安全性の高いもので、中毒性、悪臭がなく、外壁塗装後は蒸発して塗装膜に残らないものが要求されます。もっと言えば経済的に安価であればなおベストと言う事になります。

 

12月10日 曇り 塗料用原料の合成樹脂とは

塗料に用いられている合成樹脂を大きく分けると、加熱する事によって不溶性物質に変化する熱硬化性樹脂と加熱によって溶融しますが、温度が低下すれば又元の状態に戻る熱可塑性樹脂とに分かれます。従って加熱乾燥樹脂は熱硬化性樹脂を用いたもので、熱可塑性樹脂は常温乾燥塗料または可塑剤的に利用されます。塗装用としてのアクリル樹脂は溶液型とエマルジョン型があります。サイデング外壁に使用される焼き付け乾燥の物は光沢、色の保持、塗膜硬度、耐汚染性に優れています。

 

12月09日 曇り 塗料用原料の樹脂の役割

外壁塗装に使用する塗料には顔料とともに樹脂が塗装膜を造る主成分です。この樹脂の性質が塗料の仕上がりや耐久性などの塗料の性能を左右します。簡単に言うとアクリル、ウレタン、セラミックなどの性質、成分です。この樹脂でも植物油と天然樹脂類や合成樹脂など更に分類されます。この天然樹脂の中にはまつやにやインドなどで生産されるラックなども含まれています。次回は合成樹脂についてお話しします。

 

12月08日 曇り 塗料用顔料の役割

天気予報では晴れるとしていたのに一向に晴れません。曇り空の一日になりそうです。塗装用塗料の成分として顔料が入っていることを前日お話ししましたが、その役割を詳しくお話しします。同じ顔料と言っても大きく、三つの目的で分かれます。一つは体質顔料と言って主に下塗り材に使用され、肉持ちを与えます。次に錆止め顔料と言ってこれも下地材ですが目的は錆の発生を防止します。あとは一般的に知られている着色顔料で色つけと隠ぺい力を役割、目的としています。もう少し詳しく話すときりがありませんので次の日に話します。

 

12月07日 晴れ 塗料用顔料について

塗料の成分は塗膜になる成分でこれが多いほど厚い塗膜が得られます。それはとりもなおさず無駄が少なく有利な塗料と言う事になります。逆に非膜成分つまり溶剤の多い塗料ほど塗膜は薄く、無駄の多い塗料であると言うことになります。この両者の関係を代表的な塗料で言うと塗膜成分は顔料(着色剤)、塗膜主成分(樹脂など)、塗膜補助成分(乾燥剤)非塗膜成分は溶剤(シンナー等)に分けられます。つまり、シンナーなどを多く使用した場合は外壁塗装としては余り良い結果は得られないことになります。

 

12月06日 雨  塗料の効用(特別な機能付与)

塗料の効用についてお話ししていますので、ついでにその塗料を塗ることでいろんな価値が付与されることもお話しします。外壁塗装をすることで元来ない効果、効用として「断熱」や「遮熱」はすでにしられています。これ以外に高層ビルや橋などで生じている電波障害を防止したり、結露防止、着氷個着防止等省エネルギーや環境保全にも寄与しています。社会に直接関係していることでは、貼紙防止、防塵、防カビ、防虫など多彩に影響を与えています。

 

12月05日 曇り後晴れ 塗料の効用(物の美粧)

外壁の塗装の最大の目的は綺麗になる。この様に考えているお客様は大多数だと思います。またそのとうりだとおもいます。この塗料ほど豊かで多彩な色彩、光沢、立体模様等表面を自在な仕上がりが簡便な方法で得られるものは他にありません。又塗料はバラエテイのある面白いデザイン効果を出すことが出来ます。その代表的なものは外壁の凸凹模様、吹き付けタイル仕上げ、自動車のメタリックカラーです。この様に多種多彩に表現できる美粧材であることを改めて認識できます。

 

12月04日 晴れ 塗料の効用と役割(物の保護)

外壁塗装の目的はタダ綺麗になるだけではありません。壁に塗ると表面に丈夫な皮膜を作り、壁を保護します。壁に限らず鉄、木材、コンクリート等素地のままでは錆びたり腐食したり分解したりで劣化損傷してしまい、そのままに放置すると、破壊や環境悪化などの重大な問題につながります。ところがこれらの物に塗装するだけで表面に皮膜が出来、保護されこの素材や素地を何倍かに長持ちさせることが出来ます。この塗装と言う比較的簡便な方法で外壁や物を長期間保護する事が出来る非常に便利な方法です。塗装後の定期的な点検、補修で尚一層の長期的な保護が見込めます。

 

12月03日 曇り 外壁色の艶あり、艶無し

外壁の色を選ぶ場合、色彩を彩度と言う表し方を言います。他にこの色彩に光沢度と言う言葉もあります。これは物体(ここでは外壁)の表面の艶の程度によって物の(外壁)見え方が変わって見えます。この度合いを光学的に測定する方法もあります。これも材料の種類によって光沢の計り方が違います。あまり難しいことはさておいて、塗料業界では光沢の艶の程度を分かりやすく表に表していますが簡単に言うと

艶あり・7分艶・5分艶・3分艶・艶無しと分類しています。7分艶とは艶ありを10とした場合に7分の艶があると言う事で、続いて5分の艶があると言う具合に続きます。この艶は最近気にされるお客様が多くはなっています。

 

12月02日 曇り 物を見ると言う事

人には視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚などの感覚があります。これらの感覚の中で外壁色など視覚は他の感覚を助ける働きをします。例えばラジオを聞くよりテレビを見るほうが聴覚、視覚相互の働きでより鮮明な印象を受けます。また御馳走を食べる時も料理の並べ方や配色、加えて料理を乗せたお皿やお膳などの色彩によって尚一層おいしいと言う味覚が増します。見ると言う事は人間にとって欠かすことが出来ない感覚です。この様に見ると言うのは非常に重要な感覚であり、外壁色やその廻りの色彩の感覚は自分はもとより、その廻りの人間にも影響を与える大切な選択です。 

 

12月01日 晴れ 住宅の内部色

部屋の壁の色はその性格をはっきり印象ずける大切な役割を果たします。人や物の引き立て役になります。特に天井は室内の配色上重要な役割を持っています。室内の造作も時には壁に代わって雰囲気を変えることがあります。室内の家具や設備の配色にも実用的な上に目が疲れない工夫が必要です。特異な配色は一般的にはあまり良いとはかんがえられていません。外国の様に黄色、赤、黒しか使わないデザイナー日本の風土に余りなじみません。中間色の美しさを世界に広めたのは日本の画家たちであることを改めて認識しましょう。

 

11月30日 晴れ 住宅の外壁色

住宅の外壁色は住宅の環境や用途に応じて周囲と適当な対比を示す色が選ばれます。住宅地に立地する場合は特に周囲に気を配る必要があります。その場合素材そのままで目的に適合する事もありますが、多くは人工的な色によってこの目的がハッキリ表現できます。自分の好みで色彩を選択するのも良いのですが、周囲への配慮を共わないと周囲と適合した色とは言えなくなります。

 

11月29日 曇り 判別し易い色彩

色彩で一番判別し易い配色は白地に黒だと思う方は多いかと思いますが、実際は黄色地に黒です。道路標識に使われていることでもわかるかと思います。次に判別し易い配色は、白地に緑、白地に青、黒地に白などの順です。遠方から外壁を見た場合、黄色の外壁に黒を配色すると非常に目立ちます。最もこの配色にした外壁は殆ど見たことがありませんが。このことからすると文字などに配色するととても目立つことになります。又十分に高い照度では黒地に白文字、低い照度では白地に黒文字が判別をし易くなります。

11月28日 晴れ 色によって大小が違う

ここ2~3日は外壁色についてお話させていただきましたが、ついでに外壁にも関係するので色の話をさせていただきます。色によって物の大きさが違って見えるのをごぞんじですか?。一般的には明るい色ほど大きく感じ暗いいろは小さく感じられます。特に車などはその大きさの差を感じることが出来ます。すなわち、黄色が最も大きく感じ、緑が続き、赤と青は小さく見えます。周囲の明度が高いほど、その中における色は小さく見えます。

11月27日 曇り 外壁色の温かみと寒さ

夜中に外で何かを叩く音がかすかにしていて気になって朝起きたら雨がしっかりと降っていました。音は雨で外壁を打つ音だったと納得もし、安心しました。さて昨日に続き外壁の色に関する事項を報告します。家や建物を見て、暖かく感じたり、寒く冷たい感じを持ったことはあるかと思います。一般的には暖色と言われる色は暖かく、寒色系は冷たく感じます。これは私たちが生活体験から来る感情で色相の違いによってこの様な感じ方をします。中性色は寒暖の感じはしないのはそのためです。

 

11月26日 晴れ 色と重量感のバランス

昨日色のお話をさせていただきましたが、この記事を読まれたのか電話で相談を受けました。その内容は外壁塗装をするのですが、2色を考えている。その場合1階と2階の塗色はどの様にしたらよいかとの質問でした。色にも重量感があります。明るい色は軽く、暗い色は重く感じます。これらを考えると2階は明るい色を1階は暗い色で塗装をされたらバランスよく感じるのではとアドバイスをさせていただきました。当然ながらこれが1階と2階が逆の配色をすれば安定感は欠けます。つまり色で家があぶなげな感じを受けることになります。この点を考慮して塗色は考えると良いかと思います。

 

11月25日 快晴 色と時間の関係

今日は日曜日。久しぶりに仕事を休み余暇を楽しもうかと思います。ですがお客様から何か依頼があればすぐに応対できる準備だけはして。昨日「色」の話が出ましたので今日は参考までに色の関係の話をさせていただきます。色と時間は関係ないと思われている方は多いと思います。ところがそうでもないんです。赤色の濃い環境では時間が長く、長さは大きく感じます。青色が主張されている環境下では逆に時間が短く、長さも短く感じます。家の室内に例えれば、食堂や居間、くつろぐ場所では赤色系にし、退屈で単調な仕事をする場所では青色系にすれば時間の経過は早く感じます。

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ