横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

塗料の材料と種類

家の外壁に関係する塗料について

塗料と一口にいってもいろいろあります。ここでは一般住宅に関係の塗料について少しお話いたします。

外壁・屋根塗料は水性系と溶剤系に分類されます。水性系は上水で化学変化を起こし、溶剤系はシンナー等で化学変化を起こし凝固、つまり固まります。従来は溶剤系が耐久的に優れているとされていましたが現在はそうでもありません。

最近は、環境重視のため、水性系も溶剤系も性能に格差がなくなりつつあります。一般の方々はこれらにこだわる必要は余りしなくて良いと思います。こだわるとすれば、溶剤系はシンナー臭が必ずします。水性系はしません。乳幼児など赤ちゃんがいる家庭は考慮すると良いと思います。病人やペットも同様です。アレルギーの方も要注意です。

溶剤系はシンナーと材料によっては固定材の臭いがとてもきつくなります。健康体の人にはそれほど気にならなくとも、弱い人には影響を与えます。こだわりは、主成分である樹脂にあります。樹脂は塗装の膜(防水膜)を作る重要な要素です。

塗料の成分

塗料は次のものの組み合わせで出来ています。

  1. 顔料
  2. 溶剤
  3. 樹脂
  4. 添加物

この材料の組み合わせの仕方で塗料の特性が決まります。

簡単に言えば、

  • アクリル、ウレタン、シリコン、セラミック、フッ素、に分類されます。
  • 光触媒、無機質系、特殊セラミックがあります。
  • 弾性塗料があります。
  • 防かび、防藻、防露、防菌、消臭、防音効果のある塗料があります。
  • 断熱、遮熱、空気質を改善する効果のある塗料があります。
塗料の種類と特性
アクリル樹脂系塗料
  • 価格が安く、取り扱い易いのが最大の長所です。
  • 新築時の塗装によく使用されています。
  • 塗替えには耐久力の関係で現在あまり利用されていません。
  • 艶消しの外壁等、重厚?な家屋に需要があります。
  • 耐久年数は約3~5年くらいです。
ウレタン樹脂系塗料
  • 性能、価格の両面でバランスが良く、最もポピュラーな塗料です。
  • 場所を選ばず、多方面で使用され、特に木部には頻繁に使われます。
  • 耐久性、作業性に優れ、殆んどの下地(最初に塗る塗料)に対応します。
  • 一昔前までは殆どがこの塗料が利用されていました。
  • 耐久年数は約5~7年くらいです。
シリコン樹脂系塗料
  • 戸建の塗替えでは現在はこのクラスが利用されています。
  • 外壁、屋根などに使用され、耐久性、紫外線、湿気に優れた塗料です。
  • アクリル、ウレタンと比較して費用は高いが、耐久年数が優れています。
  • 耐久年数は約7~10年くらいです。
フッ素樹脂系塗料(セラミック系)
  • ビルや橋梁など、あまり頻繁にメンテナンス出来ぬ場所に使います。
  • 塗料の中で、価格、耐久とも最高ランクの塗料です。
  • 強靭な塗装膜を作ります。
  • 価格が高いことが欠点です。
  • 耐久年数は11~15年以上です。
低汚染のメカニズム

img003.jpg

無機質系塗料
  • 製造段階から石油系資源を極力省いた環境に優しい塗料です。
  • 緻密な塗装膜が造られます。遮熱や大気を浄化する機能があります。
  • 耐久力はシリコンとフッ素の間くらいで価格も比較的手ごろです。
  • 弾力、粘着力に欠けるのが欠点です。
  • 耐久年数は約12年前後です。
光触媒塗料
  • 光触媒機能により汚れを分解します。(太陽光線が当たる場所)
  • 遮熱効果や大気を浄化する機能があります。
  • 親水性で汚れが着きにくくなっています。
  • 耐久年数は約12年前後です。
断熱塗料
  • 宇宙開発機構が開発した塗る断熱塗料です。(ガイナ)
  • 塗るだけで、結露防止、高い断熱性を発揮します。
  • 室内に塗ると、防菌、消臭、空気質の改善を測ります。
  • コロニアル瓦や金属の屋根に塗ると断熱、耐久性等の効果があります。
  • 耐久年数は約15年前後です。
石調塗料
  •  
  • 見た目が人口の大理石?か石の様に見える外壁塗料材です。
  • 殆どが吹き付け仕上げですが、ローラー仕上げもあります。多少価格が上がります。
  • ローラー仕上げは塗装膜が厚くなり、耐久性も増します。
  • 重厚な感じがします。トップコートを塗る事で表面の石?もバラバラ削れることはありません。
  • 耐久年数は約15年前後です。

 無機ハイブリット塗料

ガラスや石などのほとんど劣化しない無機物を主成分としたもの。

耐久性が極めてある。

塗装した膜(塗膜)が硬い。

汚れが付きにくい。 

無機塗料は地震等の影響を受けやすく亀裂が発生しやすいという欠点もあります。

  その欠点を有機物でバランス良く配合したものがハイブリット。

耐久年数は約18年前後です。

 

ラジカル制御形塗料

最近できた塗料です。塗料は顔料や樹脂でできています。この塗料は紫外線などで劣化します。

  この劣化の原因は「酸化チタン」が紫外線で分解を起こして劣化の原因を作っているとされま

  す。この分解を制御するのがラジカル塗料です。余談ですがこの分解の力を利用したのが、光

  触媒塗料です。分解して汚れを落としますが、同時に塗料も分解してしまい、耐久力も損ないま

  す。この分解(酸化チタン)を制御して塗料の耐久力を増す塗料がラジカル制御形塗料です。

  塗料メーカーではラジカル制御形塗料は従来のシリコン系塗料の上をいく耐久性が得られと

  推薦しています。

塗料の艶について

最近は意匠に凝った造りの家屋で、外面を気にされるお客様が大変増えてきました。従って今までは黙っていた塗料の「艶」についてもいろいろと注文が付く様になりました。昔風に数寄屋造りの家は勿論「艶消し」で仕上げてきましたが、珪藻土や珪藻土風の造り、レンガ造風も多くなり、それに合わせて希望や相談も増えてきました。

塗料には全部艶消し、3分、5分、7分とそれぞれの艶消しタイプがあります。塗料メーカーは出来るだけ艶ありタイプを薦めます。それは耐久力に差が出る為ですが、その理由は艶消しは表面に細かな「傷?」が出来てどうしても耐久力に影響を与える様になるからではないでしょうか!。

艶ありは早く言えば「鏡面仕上げ」の様なタイプでツルツルした仕上げです。当然埃やカビ、苔が付着しにくくなっています。この為に寿命に差が出るものと考えられます。ハッキリ言って寿命は2~3年程度です。この差をどう見るかで「艶あり」「艶消し」をどのように活かすか変わってくるかと思います。

塗料メーカー仕様遵守の重要性について

塗料は職人の手で塗装されて、初めて塗装膜を造り、家の保護や美観などの機能を果たします。当然のことですが、いくら高く、良いとされる塗料を塗っても、職人の技術が劣ると完全な塗装膜は出来ません。

塗料は化学製品です。下地塗り、中塗り、仕上げ塗りを重ねることで耐久力を高めていきます。その重ね塗りの間隔(時間)、上水やシンナーで希釈する割合(率)等、製品ごとにメーカーから仕様指示が書いてあります。

この注意点を守らないと下地(既存の壁等)との密着不良や塗装面のムラが出来、やがては剥離(塗装の剥がれ)へとつながります。つまり、「いい塗料を使います」と言っても「メーカー仕様遵守」を守らなかったり、技術が劣ると結果は無残なものとなります。

サイディング目地の種類

サイディング外壁の目地は非常に重要であると言う事は再三お伝えしていますが、目地材は何が良いかについてはお話ししませんでした。目地の補修は一般の人が行うのは無理があると思ったからです。

でも目地材にもいろいろあり、どの材料が一番適しているのかを一般の方も知っておいて、業者に指示?や要望が出来るのも良いかと思いここに参考ではありますが、記載しました。

目地材にもアクリル、ウレタン、シリコン等様々な種類があります。耐久性重視は勿論ですが、目地施工後に塗装が出来るかも大切です。折角目地を補修しても塗装が出来ないと、いろいろと不便です。美観の上でもその部分が塗装を出来ないと色の不具合も出ます。

又、その部分から(見切り)塗料の剥離も起きてしまします。アクリルは塗装出来ますが、耐久力に難点があります。シリコンは耐久力はありますが、塗装ができません。一般的にはウレタンが使用され、耐久力もあり、塗装も出来ます。

より適したものに変成シリコンがあります。但し価格はアクリル、ウレタンに比較して高価です。良心的な業者はこの変成シリコンを使用すると思います。

logo.gif

横浜市旭区の「住宅塗替えリフォーム」専門店です。

港南区、金沢区、栄区、磯子区を中心に横浜の地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供いたします。

エアコンの稼働率を下げ、電気代を大幅に節約する画期的な塗る外断熱材「ガイナ」をお薦めします。温暖化抑制にも貢献します。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

挨拶の品

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ