横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

横浜の外壁塗装・屋根塗装の自社施工と下請け施工

塗装足場.jpg

外壁塗装・屋根塗装を施工する場合、自社施工と下請け施工の違いはどこにあるのでしょうか?

自社施工と下請け施工では工事の内容、責任が違います。具体的には施工の完成度、施工代金の差等に違いが出ます。

言葉のとおり、自社で専属の職人さんを抱えていることです。

それとは別に「下請け施工」とは仕事があるたびに現場に近い職人を雇うか、その都度別な業者に仕事を任せて施工することです。つまり業界で言う丸投げです。

金額もお客様と契約した(約束した)何分の一かの金額で任せます。当然ですが下請け業者は手を抜いて作業をしないと利益が出ない場合もあります。(半額の場合も多々あります)

”相談の実話”にも例を挙げていますが、下請け職人は手を抜かないと生活が成り立ちません。手を抜く内容ですが、具体的には、

  • 安い材料を使います。
  • 三度塗りと言いながら、二度塗りで終わらす場合もあります。そうすると人件費も浮きます。
  • 塗料を規定より薄めて使います。だってそうすればペンキ代金が浮きます。

以上の様にすれば下請けさんも利益がでます。でも、現実には利益が出るどころか、ギリギリでの施工代金しか元請けから貰っていないのが実情です。ではどうして下請けさんはそれに甘んじているのでしょうか?。

それはですね・・・・・。自分で仕事を取ってくる力、つまり、営業能力がないからです。営業は時間と費用が掛かります。(印刷代金、人件費、車両交通費等、会社費用の半額は必要)営業会社から定期的に仕事を貰っている方が楽です。

逆にこれが足かせとなり、仕事が途切れたら困るので営業会社の無理難題の価格で仕事を受けざるを得ないのです。

でもこれではお客様が満足していただける仕事はできませんよね。

どうしてそんなに詳しく分かるのかとおもいますか?。実は、私が「塗装相談員」としてお客様のいろんなトラブルの交渉に当たってきたからです。

生活費を稼ぐためだけに行っている仕事、それは「良心」の欠けらもありません。プライドのある職人なら、「やはりいい仕事をしたい」これは職人本来、誰しも思う気持ちです。

しかし、乱雑な業界イメージのため、信用を無くして、どの業者にも仕事があまりこなくなります。

そして、今の時代は技術や親身で仕事をしても宣伝のうまい業者と押しの強い業者だけが、仕事が取れるのです。そして、他の業者は、生活費のためだけに施工をしなければいけなくなってしまう業者も少なくないのです。

そうなると、塗装業界全体がさらに信用を失い、お客様を惑わしてしまいます。完全な悪環環です。この様な形を作ってしまえば、職人さんの生きがいもなくなります。喜んでいるのは、契約までしか顔を見せない営業マンだけ・・・・・。

そんなことをお母さんは許せますか?私たちは同じ職人として受け入れることは出来ません。

だから、厳しい事ですが、今の世の中に、「職人としての仕事」を残していくためにも、
受注から施工完了までをさらに、完了後のアフターまでを責任を持って行うことが必要とされているのです。

仕事に自信を持っている業者さんなら、その業者さんが施工されたお宅を必ず教えてくれます。最近は「個人情報守秘義務」ですべてではないにしても、住所位は教えてくれます。逆に悪いことをしている業者は、絶対に教えてくれません。

なぜなら、聞かれたり、見られたりしたら困るような仕事をしてきたからです。

IMG_0255.jpg

そのような業者の殆どは何日か経って電話しても、「担当者がいない」、「転勤した」、「退職した」とか、又、社内では「自分が担当したお客のところにはいくな!」と言われているのです。

いや、二度と行けないと言うのが本音でしょう。真実は自分だけが知っているのですから。私たちは30数年間、数多くのお母さん方の悔し涙を見てまいりました。

その中で一番多いパターンは、「以前、別の業者に塗装をしてもらったが、2年経ったら塗装が剥がれ、ひび割れが出来た。その時の業者は、10年保証とか20年保証たか言っていたのに、今は連絡も付かない」、「契約と塗装は別な人が来て、契約時の話と、仕事の内容は違った」など。

言えばきりがありません。そのすべてが、塗装工事を終わった後に気が付く点に問題の難しさがあります。「安くやりますよ!」などと言う甘い話に良い結果はありません。これは世間の常識です。「塗り替えリフォーム業界」同じです。

確かに安くて良い「塗り替え塗装」はお母さん、お父さん、みんなの夢です。

しかし、望みをかなえたい人に対して、人間の一番弱い、お金で迫ってくるのが「彼らのポイント」なのです。この項目には当たり前の事も多く掲載しました。

しかし、「塗り替えリフォーム」に限らず、高額商品の契約などには、人は冷静な判断力がなくなります。

ですから、そんなときにも、ここにあげたポイントを今一度、確認していただいた後に、又、営業マンを見てみるのも良いと思います。

まとめ

「正しい塗装」をすれば家の寿命は延びます。手を抜けば傷みも早く、寿命は縮みます。

この様なレポートを掲載したのは、私たちは今まで、「良い仕事をしていれば、お客様のほうからやってくる」と思ってまいりました。

事実その様な事もありました。材料もケチらず、限りなくお客様の言うとおり話を進めてまいりました。「お客様は神様です」をモットーに徹底的に仕上がりにこだわってきました。そして、自己満足に浸っておりました。

しかし、今までのような仕事をしていたら、業績はどんどん悪くなってしましました。

そして、マスコミに取り上げられた「悪質リフォーム業者」の騒ぎで正直な業者まで、白い眼でみられるようになりました。当店の職人も「正しい塗装」をしているにもかかわらず、肩身が狭いと萎縮してしまいました。

それでも「どこの業者より材料はケチるな!」と頑張ってきました。

それから、最近はこんな電話がかかってくるようになったのです。「近所でやっている職人さんの仕事ぶりが丁寧で良い感じの人だったので、うちも「あさひ」さんにお願いしたい」職人の姿勢はもちろんのこと、我々の考えが認められたと言うその喜びはたとえようがありませんでした。

「知っていれば失敗はさけられた・・・!」そうです。

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ