横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

塗替えどきの目安はありますか?

日本の住宅の耐用年数は、約30年と言われています。それは木造という材質によるところが大きく、その上、悪環境が家に影響を与えています。

悪環境?とは、高温多湿と酸性雨等の環境を言います。外壁の材質はセメントモルタルが殆んどです。モルタルはセメントと砂が混ざり固まります。このモルタルはアルカリ性分で固まります。砂は以前、川砂が使用されていましたが、現在はほとんどに海砂が利用されています。

理由は環境保護の立場から、川砂の採取が制限されているからです。

海砂は洗浄されて利用されますが、完全に塩分(酸性成分)を除去することは出来ません。この酸性成分と酸性雨のダブルパンチでモルタルのアルカリ成分が反応して、壁にひびが入ります。

さて、耐用年数が約30年と言われる戸建住宅の塗替え時期ですが、住宅の環境、立地条件にもよりますが、新築で10年が目安とされています。大手の住宅メーカーの新築保証期限がこの時期に合わせられています。この節目に一度住宅の外壁、屋根をご自分で確かめる事をお勧め致します。素人には無理と思わず家の周りを点検するのにそれ程時間はかかりません。

何を確認するのかですが、モルタル外壁は亀裂の有無です。それと窓枠回りのコーキング状態です。これもコーキング材が経年劣化で伸縮がないか、つまりひび割れの有無を点検してください。

このひび割れから雨水が入り、益々ひびが広がり、中性化を早め、家の寿命を縮めていきます。壁にこのひび割れが目立つようになったら塗替えの目安です。割れ目が交差していたら、早めの塗替えをお勧めします。

び割れが小さいうちに手当てをすれば、疵(キズ)が残らず、元の新築時の壁に戻ります。

※私が「塗装相談員」として、相談された中で、多い部類に入るのが「新築で2~3年しか経っていないのに亀裂が出来た。これは手抜きではないの?」でした。

お答えとして、これは手抜きではありません。前述のように砂に原因があります。あわてることはありませんが、早めに手当てする事で家はよりきれいに、寿命も延びます。

サイディングの反り

サイディングを使用されているケースが多くなりました

外壁にサイディングを使用されているケースが多くなりました。(最近は多種多様になりました)

サイディングもプレートも継ぎ目が割れて反ってきたら元には戻りません。

なぜ継ぎ目が反ってくるのか?

サイディングの構造(成分)(目地)に原因があります。最近の製品はケイカル板の様に丈夫なものもありますが、それでも雨水の浸透は避けられません。(見た目が石彫でも中身は同じです)

雨水が浸透すると、板が膨張や収縮を繰り返し、弱い部分の継ぎ目が浮き、そこから更に雨水が入ります。結果は上の写真(初期のサイディング)の様に反ってくるのです。

目地の1

継ぎ目の浮き、割れは目で確認してください。右の様な状態は要注意です。

この時点でサイディングの板(壁)を手で拭いて見て下さい。手に白く粉の様なものが付着しなければまだ大丈夫です。

手に粉が付いたら、チョウキングと言います。程度によりますので、気になる様でしたら、信頼出来るプロに見ていただくと良いでしょう。

この粉はサイディングの塗装膜(防水膜)です。この膜が劣化して浮き出てきたものがチョウキングと言われる白い粉です。この膜が雨が降るたびに溶け出してしまうので、板に雨が浸透して寿命を縮める事になります。

一昔前まではサイディングは塗らなくとも良いと言っていたのですが、今はメーカーも塗る様に指示しています。目安は10年経過後となります。

目地の2

見た目はまだ大丈夫と油断をしていると右の写真のケースもあります。

板を止めて(打ち付けて)いる釘の部分が少し割れ始めている状態を示しています。

この様な状態で工務店や大工さんに頼むと、コーキングだけで済ましてしまう場合もあります。

  • この時にチョウキングがあるか、無いかをよく確かめて下さい。あれば塗替え時と判断して下さい。
  • 繰り返しになりますが、サイデングは目地が生命線です。ここに支障をきたすと、寿命は極端に短くなります。電話での質問もこの点が一番多い様です。

屋根の塗替え時

最近の屋根材はコロニアル(スレート)葺きが一般的ですが、屋根までは気にはなっても
見る事は中々困難です。

それでも何か機会があれば是非見る様心がけていて下さい。苔が全般に生えている場合(多少は心配いりません)、塗装の膜が所々剥がれている様なら塗替え時期です。その様な兆候がなくても10年が経過したら専門職人に見ていただく必要があります。特に棟部分の雨押えが風に煽られ釘が浮いている場合があります。強風で飛ばされると雨漏れはもとより、周辺に飛ばされ外壁やガラス戸を破損させ迷惑をかける事にもなります。

以上の様に家の健康診断はご自身で年に2~3回行っていると、異常を見つける事ができます。ほんの数分でかまいません。家を一回りするだけで良いのです。

そうする事で大切な財産を守る事ができます。特に梅雨時の前は外壁と雨どいの枯れ葉の点検も必要です。

塗替え時の判断が付かない場合は地元の塗装職人に見ていただく方法もあります。営業会社や営業マンは避けた方が無難です。

説明を聞いて売り込み型と判断したら、外壁塗装見積もり、外壁塗装費用、外壁塗装価格等は無料と言われても頼まないで下さい。断る勇気も必要です。
殆んど、外壁塗装点検は無料で行っていますが、念のため確認をしてください。

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ