横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

外壁塗装の知恵

外壁塗装や屋根塗装のアドバイス

外壁塗装の相談窓口ではいろんな相談を受けます。

その中で一般の方々が気にされていたり、困ってはいるがわざわざ電話して聞くには気が引ける等で中々聞けない相談を実際に有った事例で紹介致します。

外壁の表面が荒く、塗装をしても気泡などが出来て綺麗に塗装が出来ないと言う事がありますか?

外壁にはいろんな状態(模様)のものがあります。

確かに表面が荒いと作業は非常に困難ですが、気泡が出来てしまうと言う事はありません。それは塗装の方法に問題があります。塗装は吹き付けとローラー等でおこないますが、吹き付けの場合は表面が綺麗に仕上がりますが、問題はローラーの場合
です。ローラーの毛には長さの種類があります。表面が荒い場合は毛の長い、「長毛」を使用して、ローラーをゆっくりと転がしていけば気泡も無く、綺麗に仕上げる事が出来ます。

サイデングの外壁ですが目地に亀裂が入りました。このままでよいでしょうか?

雨水がこの部分から侵入すると外壁の耐久力は落ちてしまいます。

外壁でサイデングの場合、外壁材そのものは耐久力があり、近年は多く使用されていますが、この板の継ぎ目はコーキング材で覆われています。

この部分は経年劣化である程度年数が経過すると亀裂などの傷みは必ずでます。雨水がこの部分から侵入すると外壁の耐久力は落ちてしまします。この目地の部分は速めに手当てする事で外壁の寿命は数段延びます。

外壁に苔の様なものが付着していますがこのまま塗装をしても大丈夫でしょうか?

清潔な表面にして塗装をする事をお勧め致します。

外壁には長年の間にはいろんな苔やカビや亀裂がはいります。一般の方が塗装する場合はその上に塗装をされる方が多いように見受けます。亀裂は程度にもよりますが、そのまま塗装されても問題はありません。

問題は苔やカビ類です。そのまま塗りますと塗料がしっかりと付着しません。したがいまして直ぐに剥離が起きます。この部分は高圧洗浄機等で清潔な表面にして塗装をする事をお勧め致します。

出来ればシーラー材などの接着剤を下地に塗り塗装を行うとより長持ちをします。

屋根の塗装をお願いしましたが職人から「タスペーサー」を勧められました。必要でしょうか?

「縁切り」を行えばタスペーサーは必要ありません。

最近は「タスペーサー」を勧める塗装職人が多いと聞きます。それはコロニアル瓦を塗装した場合、瓦の隙間(スペース)を塞いでしまう事にあります。隙間を塞ぐと屋根に降った雨の逃げ道を塞ぐと同時に毛細管現象を起し、雨の吸い込みをして雨漏れを起す原因となるからです。

タスペーサーも良いのですが塗装して乾燥後に「縁切り」を行えばタスペーサーは必要ありません。それだけ経費の節約になります。

外壁に亀裂がありますが、塗装時に亀裂の跡が残らないようにできますか?

マスチック工法をお勧めいたします。

外壁の亀裂はその程度にもよりますが、亀裂痕が残らないように塗装は出来ます。いろんな方法がありますが、綺麗に仕上げる場合はマスチック工法をお勧めいたします。工程も一つ加わり費用は嵩みます。

この方法は下地材を厚く柚子模様になりますので、嫌いな方もいるかと思います。その他の方法は亀裂にコーキング材をブラシで擦りこみ亀裂を最小限に抑える方法です。この上に中塗り、上塗りと2回塗装をする事で殆ど亀裂痕は残りません。

通常の方法はコーキング材を盛りますので塗装してもその跡が残ります。

外壁に模様があるサイデング壁ですが模様が剥がれてきました。補修がききますか?

多少であれば硬質パテ材で補修は可能です。

おそらく外壁は高意匠サイデングと思います。この外壁は色付けしてあり、その模様も気に入られて使用した経緯があるはずです。

この様な場合は新たに塗装で色付けをすると、意匠的にも雰囲気が大きく違う事になり、塗装を避けられる方が多いです。ご質問の模様の剥がれの補修ですが、程度にもよります。余り大きく剥がれると補修の跡が残ります。多少であれば硬質パテ材で補修は可能ですが、完全にとは言えません。

少しでも外壁に異常(剥離等)が起きたら早めの手当てをお勧め致します。最近は高意匠サイデングが増えましたので、専用の透明塗料を塗布する事も出来ます。この塗料は透明ですので、既存の模様、色等のデザインはそのまま残す事が可能です。

根からトタン板が落ちてきましたがどこに修理をお願いすればよいですか?

塗装屋さんか板金屋(車でなく)に頼んで下さい。

落ちてきたものは屋根のスレート瓦を押さえている、棟押さえでは無いかと思います。このトタン板の役割は非常に重要で、屋根の頂点の瓦の交わる部分を雨水からの侵入を防ぐ役割を果たしています。

このトタン板は釘で押さえられています。この釘が風で煽られて緩み抜け落ちたものではないでしょうか。この部分は台風などでよく被害にあいます。強風で煽られ、余所の窓ガラスを割ってしまう事故もあります。

この補修は塗装屋さんか、板金屋(車で無く)に事情を説明して補修をお願いして下さい。屋根の勾配によっては足場の設置を必要とします。出来る限り熟練の職人さんにお願いすると、足場の設置も不要なケースもあります。

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ