横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

外壁工事に伴う雨漏れ

 

外壁塗装に伴う雨漏れ

「外壁塗装の職人日誌」で報告した内容を一般の方々が見易いように部門別にまとめました。

このページは「雨漏れ」に関わる今まで実際に直面した補修経験や疑問に対応した内容をまとめてあります。

 

 

 

雨漏れの原因と点検方法

雨が降るといつも決まった箇所から雨が漏る。その量はその時により違うが見た目ではどこからかわからない。他所にも見ていただいたが原因がつかめないので点検してもらえないかとの依頼です。屋根に登りここだと思うところを点検したが原因がつかめません。そこで部分的に高圧洗浄をかけて点検する事になりました。部分部分で10秒位に高圧洗浄をかけて移動してその場所を突き止めました。見るとごくわずかな亀裂が下屋根との水切り(トタン板)の裏にありました。水切りを外し、コーキング材を充填しました。雨漏れの原因(箇所)特定はなかなか難しく、雨漏れの近くとは限りません。専門業者もいますが、この様な特定方法もあることを報告します。

1階の天井から雨漏れ

通常天井の雨漏れは2階からと思われますが、今回は1階の天井からの雨漏れでの依頼です。まず2階の外壁、窓枠廻りを丁寧に点検いたしましたがどこからも雨漏れの原因となる箇所は見つかりません。次に下屋根(1階の屋根)にアルミのベランダが載せてあり、このデッキ下の点検をさせていただきました。まずデッキを剥がし、下屋根のトタン板を清掃し、屋根の状態がくまなく点検できる状態を作り、狭い部分に入り込み点検をした所、瓦棒(トタン板屋根)の一部に腐食が見られ、この部分から1階の天井に強風で煽られた雨水が侵入したものと判断して、水圧をかけたところここが原因と確認出来ました。トタンの屋根は手入れを怠ると腐食などが起きやすく雨漏れの原因となります。外壁塗装を行う場合はこの部分も気を付けて点検を行っていただきと良いでしょう。

屋根の破風板の腐食と雨漏れ

破風板の腐食が原因と思われる雨漏れの対処法です。破風板は手入れを行っているとなかなか腐食するまで行きません。それでも腐食する箇所は板の継ぎ目に雨水が浸透する事でおきますが、他の場所ではほとんどないと思っていたところ、今回は屋根の構造上の問題で起こました。屋根が複雑に絡み合っていると、風の吹き溜まり、つまり雨が降るとそこに溜まりやすいという事になります。増築したり、デザインに凝った家の場合はこの現象が起きやすくなります。この場合は塗装しても長持ちはしません。木製の場合はどうしても塗装膜で防水を行いますので、腐食した場合は塗料が乗りませんので新規に交換する方法をとります。それでも屋根の構造に難点がある場合はこの上に板金をします。それも耐久性のあるガルバニューム製を使用する事をお勧めいたします。

 

屋根の縁切り不足と雨漏れの原因

洗面所の天井から雨漏れがしたので点検すると、洗面所は窓際では無く窓や外壁からの雨の侵入は考えられず、2階でしたので屋根からの侵入を予想して屋根に登ると1~2年前に市役所のシルバーセンターからの派遣で塗装をしておりその時に屋根の瓦に隙間があるからと埋めてありました。つまり縁切りと逆な方法をしたので毛細管現象でわずかな隙間から雨水を吸い込み雨漏れを起こしたものです。瓦と瓦の隙間は瓦の継ぎ目から入った雨水を逃がす役割を果たすために必要なスペース?です。このスペースを塞ぐことで逆に雨漏れを起こす原因を作ります。この作業を「縁切り」と言い屋根塗装には絶対に必要な工程です。

 

普段雨が降っても雨漏れしないところからの雨漏れ

強風の日に決まって雨が漏るから見て欲しいと依頼され伺うと部屋の中からは異常がみつかりません。外回りも外壁にもこれはと思う場所もありません。念の為脚立に登り窓枠廻りを点検すると、窓枠廻りのコーキングが固く、部分によっては脆く手でも掻き落とすことが出来るくらいの部分が窓枠のわきの部分がわずかにあり雨が降り強風で風の向きによってはこの部分から吹き込むにではないかと指摘して窓枠廻り全てのコーキングをやり直しました。

軒天にしわやチジミの発生

屋根の下廻りに軒がありますが(軒天)これがベニヤ板で出来ている場合は、屋根や軒に強風が吹きつけたり、屋根からの雨の侵入の場合、それが長年続いた(その量にもよりますが、4~5年)ときに軒天がしわやチヂミが発生します。これは雨水の浸透で起きる現象です。このまま放置するとベニヤ板が腐食してそこから雨水が侵入する原因を作ります。また嫌な臭いのもとにもなります。原因が屋根からの場合は屋根の改修は勿論の事、その原因を取り除き改修をします。

 

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ