横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

外壁塗装に付随する塗装工事玄関扉等

外壁塗装に関する外壁廻り

「外壁塗装の職人日誌」で報告した内容を一般の方々が見易いように部門別にまとめました。

このページは「外壁廻り」に関わる今まで実際に直面した補修経験や疑問に対応した内容をまとめました。

 

外壁廻り水切り

外壁廻りには外壁の下の部分に水切りが付いています。文字道理雨水が壁を伝わってきたものをそこで断ち切る役割をしています。窓枠にもこの水切りはついています。窓枠の雨水が直接壁にかかり雨シミなどが出来ない工夫と窓枠から雨水が内部に侵入しないように防ぐ役割を果たしています。当然のことですがこの水切りが劣化するとその役割を果たすことが出来ません。そのために外壁塗装時に塗装などを施すわけですが、水切りの位置によっては塗装を省いたり、その周辺のコーキングをしない場合もあります。塗装時にはこの点をよく把握して手入れを業者と確認するようにいたしましましょう。

           外壁霧除(きりよけ)

外壁には窓が付いています。その上に小さな屋根を霧除けと言います。この屋根はトタン板で覆われたものがほとんどです。最近の窓にはこの霧除けがついていないものもあります。この屋根の裏下から見ると天井?はベニヤ板がつかわれています。このベニヤ板に雨水が浸透するとベニヤが縮んだ状態になります。これを放置すると室内に雨漏れが起きることになります。又塗装時に塗っても塗料が持ちません。この状態を解消するにはベニヤ板を新規交換するかカバー工法で上から張っても浸透を防ぐことが出来ますが、トタン屋根が腐食したり浮いたりしている場合はこのトタン板の補修が必要です。

玄関扉の塗装(木製)

玄関扉にはいろんな種類があります。大きく分けて印刷(プリント)と無垢の扉です。この無垢の扉は一枚板で高価です。これを塗装したしまったお客様をよく見かけます。お客さんの要望で塗ったのなら問題ありませんが、塗装職人が勝手に塗った場合はせっかくの高価な扉が台無しです。無垢の扉の塗装は工程は8工程ぐらいあります。既存の塗料を綺麗にそいで(ケレン)ヤスリをかけることから始まります。乾燥して軽くニスを塗りまたヤスリで調整を繰り返します。これらを繰り返しますので工事期間も6日間は必要かと思います。印刷の扉は印刷が剥がれたら手の施し法はありません。印刷を接着剤で圧接するか上手く塗装でごまかす?しかありません。

          タイル(レンガ)の外壁目地

外壁がタイルであったり、レンガであったりのおうちがあります。外壁全体でなくとも一部でも同様ですが、これらも壁には必ず目地があります。見た目は何事もない様に見えてもこの目地は確実に劣化していきます。大きな建物でも同様にある程度年数が経過すると点検補修が義務付けられています。なにが問題かと言うと目地が劣化するとタイルやレンガが落ちてくる(欠落)現象が起きます。これらを事前に防ぐにはこの目地の点検が必要です。目地に巣(小さな穴)が出来たり、亀裂が生じているとここから雨水の侵入を招きやがては落ちてきます。目地の点検はこの部分の防水要素を高めることにあります。防水材を塗布するか目地を埋めなおすかの工事です。防水材はいろいろありますが、一部の外壁であれば無色透明の防水材もあります。この材料の場合外観の変化(色など)はほとんどありません。

外壁廻りの幕板(帯板)の傷み

外壁廻りの1階と2階の境目に幕板と言われる帯状の板が巻かれています。この板は外壁の強度に影響されることは殆どありませんがまれにあります。この幕板の傷みが外壁塗装をしていて目につきます。板の種類もいろいろですが、セメント系の場合は塗料の剥離が多くあり、木製の場合は腐食もあります。セメント系は長く手当てをしないでいたものは脆くそのままでは塗料ものりません。腐食した板も同様です。それぞれに手当の方法があり補修は可能ですが元のきれいなままを保ちたい場合は早めの手当てがかんじんです。補修も職人の腕にもよりますが補修痕が残る場合もあります。

ベランダ床の亀裂

外壁に付随したベランダがあります。サッシは問題はありませんが、床がモルタルやコンクリート、FRPの場合は亀裂が入ることがあります。大概は防水対策を施してありますので亀裂が入ったからすぐ雨漏れと言ったケースは少ないかと思います。それでもそのままではやがて亀裂が広がり漏水を起こす場合もありますので手当ては必要です。いきなり本格的な防水工事を行うと費用もかさみますが、亀裂を補修して防水保護剤のトップコートで対応出来る場合が多々あります。その状況にもよりますが、職人さんに床の状態を良く聞き費用を抑える意味でも判断をする事をお勧めいたします。

外壁塗装直後(2~3カ月)の亀裂

外壁塗装をしてまだ日が浅いのに外壁に亀裂が出来たので塗装業者に伝えたところ原因は地震によるものとの答えで、他所の家もそんな様子は見えないので原因を探りたいとの要請でした。亀裂の様子はヘヤ―クラックていどで浅いものでした。亀裂の範囲も2平米程度でその部分だけ何か盛り上がっているようなのでお客様に聞いたところ、業者が亀裂の補修をして気になるので厚く塗ったとの事。その後にトップコートを塗っていただいたので艶も出ていたものと分かりました。トップコートを塗るにはよいのですが、まだ塗料が完全に乾燥しないうちにトップコート塗ると時には細かな亀裂が入ることがままあります。塗料は厚く塗れば良いというものでもなく、乾燥して塗る、乾燥して塗るを繰り返す作業が肝心です。

外壁塗装に足場は必要か?

外壁塗装や屋根塗装を行う場合、その手順があります。まず「足場」ですが、2階以上の場合は常識的に足場は必ず必要です。立地条件にもよりますが、足場で足腰をしっかりささえて作業をしないと丁寧な仕事はできません。細かな部分の作業は勿論ですが、足場が無いと言う事は足が宙つりで安定できません。2度3度塗を繰り返し行う作業では時間もかかります。私は登山家でプロと言っても山登りとは分けが違います。次に外壁の洗浄ですが、塗り面を清掃しないと塗料も付着しません。また傷みも確認できません。下地塗は既存の外壁や屋根を強化するとともに、塗る塗料の接着剤の役割を補います。次に中塗り、上塗りを行いますが、中塗りだけでは紫外線などに対抗する力が弱く、その耐久力を高める意味でも上塗りは必要不可欠です。

モルタル外壁の亀裂

モルタルの外壁に無数の亀裂が入っている場合、その形状により問題があります。亀裂幅が2ミリ以上であればコーキングなどの手当てが必要です。3ミリ以上の場合はコーキングもVカットで本格的にやる必要が生じます。この場合は補修痕が残りやすいので盛り上げる方法は避けると良いと思います。又亀裂が格子状であったり網目状の場合は亀裂が交わる部分でモルタルの滑落(小さな破片)を招きやすくなっています。この部分を補修する場合慎重に行わないと傷跡が大きくなります。この様になる前に出来る限り早い手当てをすれば費用の節約や工事期間の節約につながります。又今後に備えて下地材を厚く塗り、亀裂の発生を防ぐ出来る限り防ぐ方法も必要です。

 

塗装が1年もしないうちに剥がれた

塗装して1年経過しないのにもう剥離が起きてくる原因はモルタル壁、木製の窓枠に限らず、下地を塗る前の下地調整が不十分な場合が多いと思います。つまり下地調整とは鉄部の場合は錆落としにあたります。木部やモルタルなどの場合は既存の古い塗装膜を完全に除去できたかですが、この古い塗装膜はしっかり既存の塗装面に付着(喰いついている)場合はそのままでも下地を塗れます。少しでも古い塗装膜が起きている(膜がしっかり食いついていない)場合の事を言います。これらをいかにそぎ取るかで塗り替えた塗装膜がしっかり食いつくか(付着)の分かれ道になります。それ以外は手順道理に塗装をしていればすぐに塗装膜が剥離する事はありません。

 

外壁が剥がれてきた原因(その2)

外壁塗装をしたのに外壁がめくれて来た(剥離した)原因をもう一例あげます。それはある住宅メーカーの外壁で外壁が剥がれてきた原因が目地の膨張(古い目地が起きた)によるものがありました。少し前に外壁を塗り替えた時に古い目地を見落としたか、そのままその目地の上を塗装したためにその目地が何らかの現象で浮き上がり周辺の塗装膜を一緒に浮き上がらせたため外壁そのものが浮き上がって見えたのです。古い目地は完全に取り除き、目地を入れ替えて乾燥後塗装をしてこの処理は完了しました。

外壁の苔の繁殖を抑える

外壁に苔が繁殖します。この繁殖の理由は外壁の周りに苔が繁殖する条件が整っているからです。苔は湿気を好みます。乾燥している環境には繁殖しません。ではこの苔に繁殖を抑える環境を作ればよいのですがこれは中々難しい問題です。苔が出来たからブラシでゴシゴシこすって落とせばよいのかと言うとそれは出来ません。外壁に塗装する塗料には防水と苔などを防ぐ添加物が入っています。ブラシでこするとそれをそぎ落としてしまう事になります。どうしても気になって苔の繁殖を抑えたい場合は、塗料の中に薬剤を混入させる方法もあります。それらの事は塗装業者に相談すると良いかと思います。

 

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ