横浜への地元密着、自家施工にこだわり、きめ細かい職人の技を「しっかり、ていねい、低価格」でご提供します。

横浜の外壁塗装・屋根塗装専門職人

〒241-0011  横浜市旭区川島町1723/メール:office@nurikaeya.jp

お困りの方はいつでも
笑顔で無料でご相談中

年中無休・7:00~18:00

外壁の窓枠部分

外壁塗装の窓枠

「外壁塗装の職人日誌」で報告した内容を一般の方々が見易いように部門別にまとめました。

このページは「外壁の窓枠」に関わる今まで実際に直面した補修経験や疑問に対応した内容をまとめました。

 

 

外壁の窓枠部分からの雨漏れ

室内の壁に雨が侵入した原因を調べて欲しいとの依頼で調査した場合、ほとんどが窓枠廻りからの雨水の侵入原因が確認できます。塗装をした直後でも塗装時に窓枠廻りをコーキングなどで補強しないケースが時々あります。この様な場合はいくら塗装をした直後でも雨漏れは起こります。窓枠廻りはサッシが多く使われています。この場合、取り付け廻りはコーキングで雨水の侵入を防ぐ工法が用いられます。このコーキング材は必ず劣化します。劣化すると部材が固くなり、隙間も出来ます。この部分から雨水の侵入を招きますので塗装時は必ずコーキング材で補強をおすすめいたします。出来れば新規交換も考慮する必要もあります。

霧除けべニアのしわが出来る原因

最近は霧除けが付いていない家屋を多く見かけます。少し前までの戸建ての家には霧除けはかならずついていました。この霧除けの裏についているのがべニアです。このべニア板は水分を含むと皺が出来ますので塗装時にはこのべニアを交換するか補修をしないと塗料はのりません。この原因は屋根のトタン板の継ぎ目が浮いてそこから雨水が侵入したか、屋根の付け根の部分から雨水が侵入したかですが、いずれにしても雨水の侵入で皺は出来ますのでこの侵入口(原因)をしっかり確認しないと雨漏れの原因となります。べニア板の交換費用は2000円前後でそれ程高価なものではありませんのでべニアを新規にするか、ケイカル板の様に余り雨水の浸透に影響されないものを選びます。

外壁の窓枠廻りの目地交換?

戸建ての家には必ず窓枠があります。この窓枠は最近サッシが多く使われています。この窓枠廻りの雨水を防ぐのに目地材が使用されています。この目地はサイデング外壁外壁の目地と同等なものが使用されていますが、目的は多少違い?ます。サイデング外壁のの目地は板のつなぎ目に使用され地震などの揺れに大きく影響されますが、窓枠はサッシで固定されていますので、揺れにはそれほど影響を受けません。サイデング外壁の目地は暖衝材?の役割を兼ねています。つまり普段から影響を受けやすい環境にあります。窓枠は雨水の侵入などを防ぐのを目的?としていますので傷みの頻度はそれほどではありません。サイデング外壁の目地は劣化した場合は、新規に交換をするのをお勧めいたしますが、窓枠は傷み具合により、増し打ち程度で目的は達成します。いづれにしても点検をしてその傷み具合による補修をお勧めいたします。

外壁についた雨筋(汚れ)を何とかしたい

外壁塗装をして外壁が綺麗になってもしばらくすると窓枠下に雨筋(雨による汚れ)が出来て気になります。これは最近のお宅は屋根の軒幅が狭く、雨が窓枠に直接当たるケースが増えています。このことにより、窓枠に付着した埃などの汚れが雨筋となり外壁につくわけです。屋根の軒を広くすればよいのですが、建築上の理由や費用の点でそうもいきません。窓枠上に庇を付けて雨が窓枠上に直接当たらないように既製品もありますが高価です。それではと板金屋さんに頼んで庇を作っていただくこともできます。これらも塗装屋さんに相談して解決できます。

木製の窓枠を腐食から守る

最近の窓枠はサッシが多く使われていますが以前は木製でした。この窓枠を腐食から守るには塗装をこまめに行う事が肝心ですが、この塗料も油性塗料を何度も塗装すると、膜厚が高まり割れてくる可能性があります。この割れを防ぐには塗装膜を作る塗料では無くステインと言う塗料?を塗ると割れは少なくなります。このステイン系でもキシラデコールという製品が最適だと思います。防腐剤と防虫剤が木製の窓枠を長期間守ってくれます。ステインより長持ちは致しますがそれでも5~6年に一度の重ね塗りが必要です。

 

 

 

 

 

お問合せはこちら

電話を受ける沼田

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-308-5866

受付時間  7:00~18:00(年中無休)

こんにちは!沼田です

自己紹介

塗替え屋:責任者 沼田勝男
誕生日:1944年3月23日

<1996年>
某大手塗装営業会社支店長を退職

外壁診断・カラーコーデネーター資格 取得

<1997年>現在の塗装施工会社に入社。塗装職人・塗装相談・検査員歴14年

信条:信頼・いつも真剣

電話を受ける沼田

045-308-5866

塗替え屋の考えと素顔

お問合せはこちらへ

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

 「聞くだけ聞いてみよう!
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。まずはお気軽にお問合せください

お問合せはこちらへ

 「聞くだけ聞いてみよう!」
ご相談、お問い合わせは無料です。外壁塗装の事なら何でも大歓迎しております。

ご相談専用電話番号

045-308-5866

office@nurikaeya.jp

外壁塗装で
失敗しない方法

外壁塗装の小冊子

挨拶の品

外壁塗装の挨拶用タオル

職人さん募集

ただ今 「まじめ」 「丁寧」 な仕事をする協力塗装店及び外壁塗装の職人さんを探しています。

但し、「職人マナー検定を受けて合格した職人さん」 に限ります。

045-308-5866

職人マナーマニュアル

会社概要

塗替え屋の作業所

塗替え屋 あさひぺいんと店

ご相談専用電話番号

045-308-5866

電話:045-308-5867
FAX:045-371-8077

E-mail:office@nurikaeya.jp

〒241-0011
横浜市旭区川島町1723

<営業地域>
横浜市内 (港南区・磯子区・栄区・金沢区・旭区)

会社の概要はこちらへ

よくあるご質問はこちらへ